2010.8月号より

『 夏バテ 』

社会医療法人福島厚生会
理事長  星野 俊一


人間の体は高温・多湿な環境におかれると、体温を一定に保とうとし必要以上のエネルギーを使うので体にとってはかなりの負担となる。連日のように暑い日が続くと対応が出来なくなり、熱が出たり、だるくなっ て胃腸の働きも弱くなってしまう 。 こんな状態で体力が限界に来ると夏バテと称する状態になる。

 夏バテの症状

 何となく体がだるい。無気力になる 、 立ちくらみ 、 めまい 、 食欲不振 、 下痢・便秘などが一般的な症状。日頃から胃腸の弱い人、自律神経の調整がうまくいってない人では環境の変化についていけないため夏バテになり易いので要注意。

 夏バテの原因

 @自律神経の失調

 人間の体は猛暑になると体温を一定に保つ為血管を拡張したり、汗をかいたりして体温を逃し猛暑に対応しようとする。この体温調節機能が自律神経の働きである。冷房病は冷房の効いた室内 ( 外気との温度差 5 ℃ 以上 ) に長時間いると、体の体温調節機能に不具合が生じ、外気の温度に適応できなくなる自律神経失調症の事である。症状は夏バテとほぼ同様で、冷房は外気との温度差を 5 ℃ 以内、 28 ℃ 位とするのが防止策。また冷 気が直接肌に当たらないようにし 、 軽く汗をかくウォーキングなど運動がおすすめである。

 A水分不足

 体の中から熱を逃すには汗をかくことである。従って汗のもととなる水が必要となる。日本の猛暑では軽い作業であっても一日2〜3リットルの水が必要。これを補う水分補給が不可欠である。

 B胃腸の働きの悪化

 自律神経失調症では更に胃腸の働きが悪化する。腹痛、食欲不振、下痢、便秘などの症状が現れる。胃腸の働きの低下は体力の低下を招く結果となる。

 夏バテ対策

 @しっかり食べる

 猛暑のため汗がたくさん出る。汗によって多くのビタミンやミネラルが体から失われる。従って夏バテ解消法はまずしっかり食べて、ビタミンやミネラルを補給し、スタミナをつけることである。ビタミン B 1 、 B 2 を多く含む豚肉、レバー、枝豆、納豆、うなぎ、いわし等がおすすめ。またクエン酸を多く含む酢、グレープフルーツ、レモン、梅干なども有効で、これらを含むサプリメントも夏バテ防止には効果的。

 A水分補給

 水分が必要だからといって、冷たい水をがぶ飲みするのはよくない。胃腸が冷えて消化機能を落してしまい却って逆効果。あまり冷たくない飲 み物を少しずつ飲むのがおすすめ 。 冷たいジュースは甘いのでまたノドが渇き飲みたくなる。暑い日には冷えたビールが最高。しかしアルコールはその分解過程で水分が取り込まれて 、 飲んだビールの 1.5 倍以上が尿となって排泄される。猛暑のシーズンではアルコールは控えめに。

 Bぐっすり寝る

 睡眠は夏バテによって失った体力を 回復させる最もてっとり早い方法 。 しかし暑い夏にはなかなか寝つきが悪い。暑い熱帯夜にはクーラーは必需品。だがクーラーの風が直接体に当たると熱が奪われ続ける事になるので却って有害となる。寝る前に室温を 28 度位に冷やしてクーラーを切るかタイマーオフにしておくのがおすすめ。また湿度が下がれば同じ温度でも涼しく感ずるので除湿効果を利用するのも賢明。運動は筋肉内の乳酸など疲労物 質を汗で排出し 、 血流もよくなり 、 胃腸も快調になる。エアコンの効いた環境での運動は夏バテ防止には有効。